TOP > 映像制作 > 映像制作の流れ

VIDEO <映像制作の流れ>

映像制作の流れについて詳細にご紹介します!

一読していただけば、制作工程のイメージが掴めるはずです。
また、納期は案件によって左右いたします。


1. お問い合わせ

映像制作に関するご依頼やご質問は、お問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にご連絡ください。

【お問い合わせ項目例】
・映像編集だけお願いできる?
・どのような映像が制作できる?
・料金はいくらくらい?

2. ヒヤリング

直接のお打ち合わせで映像の目的や用途・制作スケジュールなどをヒヤリングさせていただきます。

【ヒヤリングさせていただく項目例】
・映像の概要
・映像の長さ
・予算
・納期
・利用用途およびシーン
・希望演出

3. 企画・提案

ヒヤリングさせていただいた内容をもとに、提案・見積もりを提出させていただきます。

【提案させてただく項目例】
・コンセプト
・映像の目的および狙い
・構成および映像のイメージ
・制作スケジュール

4. ご発注

企画や見積もりの内容にご納得いただけましたら、発注書等で正式に発注の意思表示をいただき、映像制作を開始します。

5. ストーリー・台本制作

イメージやナレーション原稿、演出を記載した台本を制作します。
※案件によっては、この工程はスキップする場合があります。

【台本(ストーリーシート)に記載する内容】
・シーンイメージ
・シーン概要
・時間尺
・ナレーションテキスト
・テロップ

6. 撮影・素材収集

打ち合わせ内容を元に撮影・素材収集を行います。
※お客様素材の場合はこの工程をスキップします。

7. 編集

撮影した素材、もしくは収集したデータをもとに、シナリオの流れにそって映像化していきます。
撮影素材を単純にカット編集して、テロップをのせるだけのシンプルな編集作業から、モーショングラフィックを駆使した比較的合成が多い編集作業まで様々です。
この編集過程の量で納期が大きく左右します。

8. 試写

全体の映像の印象の確認、表現の確認、文字の内容等の確認をしていただきます。

【チェックポイント例】
・テロップ文言
・ナレーション
・細かいテイスト
・時間尺

9. 修正

試写の結果を受けて、修正作業をいたします。
修正を想定して作業を進めていますので、文字の修正や、画面の入れ替えは比較的簡単に行うことができます。

10. 最終試写・ナレーション収録

完成した映像をもとに、最後の仕上げ、録音スタジオでのナレーションの収録を行います。この行程をMAと言います。
※案件によっては、ナレーション収録はスキップする場合があります。

11. 納品

完成した映像をデータやDVD等メディアなど、ご希望の納品形態で納品します。
プレスが必要な場合は、デザイン部門と連携してジャケット・盤面デザイン等を行います。

【納品形態の例】
・データ(mp4,meg,movなど)
・DVD
・Blu-ray
・複数枚DVDプレス(ジャケットおよび盤面デザイン等込み)

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ